HOME > ブログ > laserscheapのブログ > レーザーレーダー

ブログライター

laserscheap
laserscheapのブログ
http://www.laserscheap.com/ カラス撃退グッズ
年代 20代後半
性別 男性

メッセージを送る※ログインが必要です。

ブログ

TITLE.
レーザーレーダー
DATE.
2017年03月15日 18:06:31
THEME.
未分類

1)カラス撃退レーザーポインター単色性
普通の色々な色の光(=波長)が含まれている光と異なり、一色の光だけ(単波長 )しか含まれていない
■応用分野 = 分光分析、同位体分離

2)指向性
普通の光は拡がってしまうのに対し、レーザーは方向性があり且つ拡がらない
■応用分野 = 『レーザーポインター!』、光通信、レーザーレーダー、光ディスク

3)干渉性
波長や時間の波(=位相)が揃っている
■応用分野:ホログラフィ、精密計測

4)集約性
レンズなどの光学的手段を用いれば、理論上『回析限界』まで絞り込む事が可能である為、高いエネルギー密度の実現が可能
■応用分野 = レーザーポインター猫目、レーザーメス


レーザーポインター猫
上記の指向性などというレーザー光の特徴を利用し、照準を合わせたり、遠隔指示をするのがレーザーポインターと言えます。
普通の光だと拡散してしまいますが、レーザー光は拡がらずに進む強い光の為、遠方でもはっきりと見える訳です。

普通の光と、凄い光である『レーザー』、それぞれの違いをわかってもらえたでしょうか?

レーザーって、とにかく凄いのです!

クラス1 合理的に予知可能な運転条件で安全である。
クラス2 400nm~700nmの波長範囲で可視放射を放出する。目の保護は、通常まばたき反射作用を含む嫌悪反応によってなされる。長時間(0.25秒以上)のビーム内観察状態は危険。
クラス3A 裸 眼での観察に対して安全である。400nm~700nmの波長範囲で放出するレーザーポインター緑usbに対して、保護はまばたき反射作用を含む嫌悪反応によってなされる。 他の波長に対しては、裸眼に対する危険性はクラス1よりも大きくはない。光学的手段(顕微鏡等)による直接のビーム内観察状態(直接ビームまたは鏡面反射 光を観察する状態)は危険。
クラス3B “直接のビーム内観察状態は常に危険なものである。 拡散反射の観察は、通常安全である。”
クラス4 危険な拡散反射を生じる能力を持つ。それらは皮膚障害を起こし、また火災発生の危険がある。これらの使用には細心の注意が必要である。

https://gamy.jp/users/18208

http://laserscheap.dudaone.com/

コメント

コメント:0件

コメントはまだありません

コメントを投稿する

ログインしていません